前へ
次へ

歯科医院で受けられるホワイトニング

歯科での審美治療には、歯を白く見せるためのホワイトニングメニューが用意されていることが多いです。具体的な施術方法はいくつかありますが、基本的には専用の薬剤を用いて歯に付いた色を取り除く内容です。そんなホワイトニングには歯科医院まで足を運んで受けるオフィスタイプと、自宅で行えるホームタイプの2通りがあります。オフィスタイプのホワイトニングは毎回通う必要がある代わりに、専門家でしか取り扱えない効果の強い薬剤を使用できるのが強みです。そのため効果が実感できるまでの期間が短く、場合によっては1回でも変化がわかることもあります。それに対してホームタイプでは素人でも問題なく扱えるほどに弱めてある薬剤を使用します。その分変化が現れるまでに時間がかかりますが、自分のペースで進められます。また施術時間の長さは着色のしにくさに比例する傾向があるため、ホームタイプの方が白さを持続しやすいです。そしてその2種類は、同時に受けて効果を高めることもできます。

Page Top